伝統的にリンゴの木が植えられてきた、緑の濃い牧草地が存在するこの地方の生産する牛乳は栄養価が高く、人々は10世紀から高度なチーズの製造方法を発達させてきた。上質な綿毛様カビチーズによって、ノルマンディー地方は、国内チーズ生産のトップに君臨する。リヴァロ、ポン・レヴェック、ヌーシャテルは、4つともAOCを獲得している。