起伏、土壌と気候条件に恵まれた農業地帯が、ノール=パ・ド・カレー地方の独特の風景を作り上げた。昔から乳牛の飼育が盛んな地方であるが、今日では牛乳の生産量は国内5位である。そのチーズに非常に大きな誇りを持つことから、この地方にはマロワルのタルトをはじめとする料理もある。匂いは強いが、味はあっさりとしている。マロワルは、その味よりも匂いが強い。この地方には、ブーレット・ダヴェーヌ、パヴェ・フェルミエ・ア・レシャロット、ブリック・ド・フランドル、またはヴューリールなど原産地名に由来するチーズもある。