この「美の島」は、自然の豊かさと、人間の創り出した豊かさを同様に保護しようとする。山、海といったコントラストに富んだ多様な風景から、豚とチーズを主役とする典型的な美食スタイルが生み出された。この島の良さを理解するには、個性の強い物を好きになる必要がある。ブレビ、シェーブルは、この島のアイデンティティを表しているチーズである。コルシカ島のリコッタチーズであるブロシュも忘れてはならず、デザートとしても料理の一品としても楽しめる。コルシカ島は、19世紀からロックフォールを作る資格が与えられていることも忘れてはならない。コルシカ島で生産される羊乳の殆どが円筒形のチーズに加工され、ロックフォールの洞窟でその熟成を終える。