大地と海の間にあるブルターニュの風景は多様性が顕著である:イール・エ・ヴィレーンヌの畑地とシードル用の果樹園、アッレ山の木の生えていない丘陵と荒地、満潮によって海水が流れ込む渓谷…。飼料の生産に適した土壌と飼育に適した気候から、ブルターニュは歴史的にも畜産が盛んな地方である。近代化の波や農業形態の根本的な変化を経た後も、ブルターニュは家畜生産においてフランス第1位である。ここでは、トムよりも有塩バターが多く作られる。