チーズが食べごろになるには、パンが発酵して膨らむのと同じように時間がかかる。これは、パンとチーズのわずかな共通点である。質感と味の支えになるパンと、その上に乗せたりぬったりするチーズの出会いは直感的に行われる。酸味・酵母・小麦粉の種類・手の加え具合・付け合わせなどは様々ではあるが、パンによってチーズの世界はさらに広がる。外皮・中身・密度・発酵具合・テクスチャを変えるのは、パンだけでなくチーズにも当てはまる。チーズとパンをうまく協調させるヒントとしては、良質のチーズには良質のパンを選ぶことである。