&

ブルー・ド・ジェクス

& ブルー・ド・ジェックスと洋梨のネクター

チーズ:ブルー・ド・ジェックス…

ブルー・ド・ジェックスは、青緑の斑点が刻まれたアイボリーホワイトの色をしている。ブルー・ド・ジェックスが放つヘーゼルナッツとキノコの顕著なにおいが残る。口の中で、ブルー・ド・ジェックスに特徴的なヘーゼルナッツの香りを特に感じる。もともと少し硬いチーズは、舌の上でねっとりと崩れていき、非常に良質な苦味を最後に感じることができる。

 

飲み物 :洋梨のネクター…

ノンアルコール飲料と一緒にチーズを楽しむ機会を子供たちに与えるのは良いアイデアである。大人にも、ブルー・ド・ジェックスと洋梨のネクターとの組み合わせは、楽しみを与えてくれる。洋梨のネクターは、甘い完熟したフルーツの香りを再現する。 強い香りがあり、そのややザラッとした口通りから濃い風味が得られる。この食感によって洋梨を食べているような感じになり、口の中が喜びで満たされる。

提供時の温度

常温だと胸のむかつきを覚え、期待される正反対の効果が出てしまうため、糖分の存在をできるだけ消すためにネクターは8〜9度と冷やして出す。

洋梨のネクターは甘味の味覚を刺激し、この組み合わせの調整役となる。洋梨のネクターの甘さととろみがチーズの味とうまく交わり合い、心地よいものとなる。最後には、好みに応じて解釈できるサインが伝達される。

 

テクスチャと風味のマリアージュ

個性のあまり強くない2つの素材は混じり合った途端に見事に調和するため、良い組み合わせの典型例である。。感覚的な効果がエレガントに共鳴し、途切れることなく続いていく。アルキメデスの螺旋のように、口の中で輪舞曲が繰り広げられるようである。ネクターの甘みとチーズのとろみ、前者のまろやかさと後者の柔らかさ、ネクターの心地よさとチーズの香りの繊細さ…この特徴によって、2つの素材が愛し合うのである。