&

ロックフォール

& クリーミーなロックフォールとシャンパン・ブリュット・ロゼ

シャンパン…

… ブリュット・ロゼ 。このシャンパンは、ピノ・ノワール種のみから作られ、貯蔵室で2年以上寝かされる。

感覚的なアプローチ : そのピンクの色調には、強い赤褐色の艶がある。 ラズベリー、ブラックベリー、時にはカシスといったベリー系のフルーツの香りが鼻を伝わっていく。口当たりは力強く、ベリー系のフルーツの存在がさらに引き立つ。低温で貯蔵されることによって出来上がるシャンパンの繊細な泡立ちが、柑橘類とスパイスの風味を呼び起こす。

 

チーズ…

羊乳を使った南アヴェロンの青カビチーズ、ロックフォールAOP

感覚的なアプローチ :柔らかく白いチーズには、マーブル模様の青カビが端まで広がっている。動物性・キノコのにおいが鼻を伝わっていく。バランスの取れた風味は、強いがピリッとした味はしない。 ロックフォールは一年を通じて味わうことができるが、春に取れたミルクを味わうために秋と冬に製造されたものがお勧めである。

 

マリアージュ

ロゼ・シャンパンは、青カビチーズに対して少し「安直な」感がするかもしれない。しかし、鼻腔だけでなく舌をも通じて感じることのできるベリー系のフルーツの存在が、ロックフォールをうまく包み込む。 ざらっとしたバターの風味がする特徴のあるチーズは、ゆっくりと口の中で溶けていく。ベリー系のフルーツはロックフォールのカビを邪険に扱うことなく、シャンパンとロックフォールの味が最後まで驚くほどはっきり残る。