食事を楽しくするチーズ

チーズの最大消費国であるフランスには、1200種類以上のチーズがあり、ボーフォール、カマンベール、カンタル、コンテ、サン=ネクテール、ペシェ・ミニョン・ド・セダム などはぜひ味わってみるべきである。

様々な可能性を秘めたチーズ
チーズを別の視点で考えてみよう。

上質のチーズを食べるのに、修道士の貯蔵庫も熟成用の地下トンネルも必要ない。冬のフォンデュの季節が終わっても、チーズの春、ミルクの夏が次々とやってくる。洋ナシとチーズのどちらを選ぶか悩む必要はない。チーズとデザート両方だ。一緒に食べてもよい。
チーズは、塩味の一品として味わうにも、ゆっくりとスイーツに移るにも、カフェとともにその味を楽しむのにも理想的な食材である。
クリーム部分をカビの部分に滑り込ませ、スライスをブリオッシュの上で溶かし、タルティーヌの上にハーブをちらし、フレッシュチーズに胡椒をかけ、ハードチーズにジャムをのばしてジュレをのせ、 チーズの中身を焦がしてとろけるテクスチャを与える。
チーズを別の方法で楽しむのは、難しいことではない。

チーズの最大消費国であるフランスには、1200種類以上のチーズがあり、ボーフォール、カマンベール、カンタル、コンテ、サン=ネクテール、ペシェ・ミニョン・ド・セダム などはぜひ味わってみるべきである。

様々な可能性を秘めたチーズ
チーズを別の視点で考えてみよう。

上質のチーズを食べるのに、修道士の貯蔵庫も熟成用の地下トンネルも必要ない。冬のフォンデュの季節が終わっても、チーズの春、ミルクの夏が次々とやってくる。洋ナシとチーズのどちらを選ぶか悩む必要はない。チーズとデザート両方だ。一緒に食べてもよい。
チーズは、塩味の一品として味わうにも、ゆっくりとスイーツに移るにも、カフェとともにその味を楽しむのにも理想的な食材である。
クリーム部分をカビの部分に滑り込ませ、スライスをブリオッシュの上で溶かし、タルティーヌの上にハーブをちらし、フレッシュチーズに胡椒をかけ、ハードチーズにジャムをのばしてジュレをのせ、 チーズの中身を焦がしてとろけるテクスチャを与える。
チーズを別の方法で楽しむのは、難しいことではない。

フレッシュチーズ

チーズのクリーミーな味をハーブの香りで強調。ベリーとカホクザンショウがチーズに与えるパンチ。チーズのとろける食感とゴーフレットのサクサク感の対比。夏にぴったりなレシピ。

4人分

フレッシュチーズ用
フレッシュチーズ 400グラム
液状クリーム 50グラム
トマト風味のオリーブオイル 大さじ 6
ゼラチン2枚
浅葱、チャービル
粗挽き塩・胡椒

ジャガイモ
ゴーフレット用
卵白100グラム
小麦粉100グラム
バター 100 グラム
ジャガイモ 50グラム

トマトキャラメル用
トマト2個
粗挽き塩・胡椒
タイム
キュウリ ½ 本
乾燥トマト 4 個
乾燥トマトパウダー
バジルの新芽
レッドベリー
カホクザンショウ

準備

フレッシュチーズ
ブレンダーにフレッシュチーズ、オリーブオイル、塩・胡椒をゆっくりと入れる。
ゼラチンを少量の水に浸して柔らかくする。クリームを入れて電子レンジで数秒間温める。ブレンダーにクリームとゼラチンが混ぜ合わさったものと細かく刻んだ浅葱とチャービルを加える。ボウルに入れて冷所でねかせる。

ジャガイモのゴーフレット
通常のジャガイモのピュレを作り、水分を取り除き冷所に置く。ピュレが冷たくなったら卵白とふるいにかけた小麦粉を加え、ゆっくりとかき混ぜその後にバターを加える。全体がなめらかになるまで混ぜる。 通常の焼き型で焼くか、またはシリコン製の型に流してオーブンに入れる(180度で数分間)

トマトキャラメル
トマトを細かく切って、小さい鍋に少量の水、塩・胡椒、タイムと一緒に入れる。中火で数分間煮込む。ブレンダーに入れてなめらかにする。

皮むきナイフを使って、キュウリのタグリアテッレを作る。

 

盛り付け
乾燥トマトのパウダーを飾ったトマトキャラメルソースの上にハーブで香り付けしたフレッシュチーズでクネルを作ってのせる。キュウリのタグリアテッレを巻き、乾燥トマト、ジャガイモのゴーフレットとともに盛り付ける。レッドベリーとカホクザンショウをちらす。

フレッシュチーズ

チーズのクリーミーな味をハーブの香りで強調。ベリーとカホクザンショウがチーズに与えるパンチ。チーズのとろける食感とゴーフレットのサクサク感の対比。夏にぴったりなレシピ。