チーズの栄養価

チーズの成分例:カマンベール

カマンベールはフランスを象徴するチーズである。ノルマンディー地方原産で、オルヌ県ヴィムティエの近くにあるカマンベールという村にちなんでその名が付けられた。

フランスには1200種類以上のチーズが存在する。この多様性によって、年齢・好み・状況を問わずチーズの栄養価を享受することができる。特にカルシウムが豊富なチーズは、良質の栄養価であるタンパク質、ビタミン、ミネラルや微量栄養素も豊富に含む。

Étirements principaux pour coureurs

 

栄養素

カマンベールはフランスを象徴するチーズである。ノルマンディー地方原産で、オルヌ県ヴィムティエの近くにあるカマンベールという村にちなんでその名が付けられた。

ほとんどのチーズは、タンパク質、ミネラル、微量栄養素(カルシウム、亜鉛、カリウムなど)及びビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、B12、ビタミンD など)の含有量によって区別される。

チーズの栄養構成はほぼ、牛乳と使用される技術に拠るので、一般化しにくい。例えば、加熱圧搾チーズは特にカルシウムとリンが豊富である 。

また、チーズには以下の栄養素が含まれる:

ビタミンB9 は 、葉酸とも呼ばれる。赤血球および神経細胞の形成に寄与する。またビタミン B9は、タンパク質の生成および変形に関与する。主にブルーチーズ(ロックフォール)または白カビチーズ(カマンベール、クロミエ、ブリー…)で摂取することができる。

ビタミンA (またはレチノール) 。ビタミンAは、乳脂肪、チーズ、バターやクリームに含まれる。ビタミンAは視力、特に夜間視力に関係している。抗感染及び抗老化作用があり、皮膚の良好な状態を保つために必要である。

 

エネルギー値

カマンベールはフランスを象徴するチーズである。ノルマンディー地方原産で、オルヌ県ヴィムティエの近くにあるカマンベールという村にちなんでその名が付けられた。

チーズのエネルギー値は、とりわけ水と脂肪の含有量に応じて決定する。エネルギー値は、0%のフロマージュ・ブラン100 グラム分で50キロカロリー、コンテのような圧搾チーズ一切れで90キロカロリーと異なる。

 

脂質

チーズの脂質の含有表示は、長い間消費者に誤解を与えていた。以前の規則では脂質の含有量を乾燥重量に対して表示する義務があり、チーズに含まれる水分を考慮していなかったことが原因である。その結果として、チーズ100グラムあたりの脂質が、実際よりもかなり多く表示されていた。カマンベールには、脂肪分45%と表示されていたが、実際は20%しか含んでいない。2007年以降、脂肪含有量が最終製品、つまり消費される形に対して表示される規則になった。チーズ100グラムに対する含有量が表示される。また、食事の後の適切なチーズの摂取分量は、約30グラムと想定される。つまり、チーズによって摂取される脂肪分は0〜9グラムしかない。

 

役立つ知識

ラクトース、炭水化物、または牛乳に自然に含まれる「糖分」は、牛乳加工プロセスの際に、部分的に除去または微生物によって分解される。チーズはバター同様に、糖分を全く、或いは微量しか含んでいない。