チーズ

このように多様なチーズの種類を有しているのは、世界でもフランスだけである。近年世界中に伝わっているこのフランスの食遺産は、時間をかけて築かれていった。世界で唯一のチーズの多様性と技法を発見してみよう。...

アルザス、ノルマンディー、ブルターニュ、ピレネー、プロヴァンス、コルシカと、フランスの各地方には、美味しい発見がある。フランスでは、チーズの一つ一つが産地を表す。チーズの一つ一つに酪農の伝統が存在する。チーズの種類一つ一つに、独自の加工方法がある。チーズの製造技術、重さ、形、味を仕上げる熟成は、使用する乳と独自の技法に依る。

チーズとは何か?

チーズは、動物から取れた乳に含まれるタンパク質(カゼイン)を凝固・発酵して得られた製品である。チーズは脂質に富み、新鮮なまま食卓に載せるものやあるいは熟成されるものがある。柔らかいカマンベール、力強いポン・レヴェック、柔らかいサン・ネクテール、フルーティーなボフォールなどそれぞれの好みと世界中の食生活に応じたチーズがある!

フランスのチーズの長所

7つのカテゴリーと1200種に及ぶ多様なチーズ

チーズは非常に多様である。チーズを製造する人々の文化的な違いだけでなく、使用される乳(牛、羊、山羊、水牛など)の違いにもよる。そして製造技術、生乳または低温殺菌乳など、約10数種類のカテゴリーに分けることができる。強い特徴を持った昔ながらのチーズ、日常に食べるチーズ、プロセスチーズまたはパンなどにぬるチーズなど、その多様な種類の中から選んで嗜むことができる。
チーズにはどんな種類があるのか?

チーズの歴史

チーズは、交易、農民が領主へ支払う税の支払い、小作料の支払いにおいて非常に重要な役割を果たしてきた。パスツールによる発酵微生物の発見、大規模な冷蔵技術、輸送手段の発達によって、チーズの世界は、19世紀以来大きな発展を遂げた。
フランス産チーズの歴史を発見する。

嗜好品かつ健康食品

チーズは、栄養面で不可欠な食品である:エネルギー(100グラムあたり45〜450キロカロリー)、たんぱく質、ミネラル(カルシウム、リン。特に加熱圧搾チーズにてその量が顕著)を摂取できる。 その他に、ビタミンA, D,Bが豊富である。これらは、青カビチーズのカビや白カビ軟質チーズに含まれている。
栄養価について詳しくはこちら