チーズの保存方法は?

チーズは生きているため、呼吸をする必要がある。したがって、チーズは冷蔵庫の中でも変わり続ける。非常に美味でありながらも繊細なチーズを存分に味わうための、いくつかの基本的なルールがある。

 

Plateaux BROC de Stéphane Bureaux

© E.フィシュ / CNIEL

 

 

賞味期限

チーズをあまり長い期間保存せずに、食べる分だけ買うようにする。チーズ保存に最適なのは、風通しの良い冷暗所である。実際には冷蔵庫の野菜室が、湿度が最も高くあまり寒くないため(4〜8 ℃)、チーズセラーとして使われることになる。

 

チーズの容器

チーズは乾燥を非常に嫌う。チーズの全ての芳香を保つには、気密性の高い容器や包装の使用は避ける。チーズを元の梱包に入れたまま、または硫酸紙・パラフィン紙、布に包んで木製の箱に保管する。圧搾チーズはアルミホイルで包んだほうが保存がきく。

複数のチーズを「くっつけ」ない。こうすることで、においが他のチーズに移ることがない。チーズが個々の風味を保てるように、チーズを一つずつ別々に包装する。

 

隔離

チーズはにおいを吸収するため、メロンなどの強いにおいを放つ食物の横に保存しない。また、逆にチーズは、脂質を含む食品においを移す。

 

準備

その芳香が開き、元のテクスチャを取り戻すのに、チーズを食べる少なくとも一時間前に冷蔵庫から出す必要がある。冷たすぎるチーズは、その風味の多くを失うことになる。

 

 

チーズをどうやって切るか?

円形、四角形、ハート形、ピラミッド形など。パレット、ナイフ、スプーンなど。チーズ愛好家の道具セットには、10種類以上の道具が入っている。

フランス産チーズのカット方法を学ぶ。

主役の材料、巧みな付け合わせ...

フランス産の1200種類のチースで、食卓での忘れられない出会いを体験する。

フランス産チーズを使ったレシピを見る