テイスティング

冷たい料理や温かい料理に食べる直前に加えても、メインの食材としても、チーズプレートに盛っても箱から取り出して食べても、食事の締めくくりにも、パンに冷たいままのせても(サンドイッチ)、 温かくしてのせても(クロックムッシュ)、アペリティフでも、メインでも、スナック感覚または空腹の足しでもよしと、その形...

テイスティング

チーズを味わうことは、感覚器官を高める真の出会いのように実感され、外観、テクスチャ、におい、味が、視覚、触覚、聴覚、嗅覚-味覚器官(鼻、舌、口)の全てを巻き込む。
テイスティングに関する詳しくはこちら

どうやってチーズを食べるか?

チーズは様々な方法で食べることができる。嗜好品として、様々な 食事の中で下ごしらえなく食べることもでき、様々な料理にかけることもできる。郷土料理のベース(フォンデュ、ラクレットなど)にも使われる。また、無くてはならない付け合せの材料としても使われ、料理の中で、そのわずかな量が全てを変える。
詳しくはこちら

役立つ知識

実際に行われている慣習に反して、赤ワインとチーズは最良のマリアージュを成さない。それどころか、チーズに含まれている塩分はタンニンの味を強くしてしまう。 それに対して、白ワインの酸味は、チーズの脂質に耐えるのに必要な爽快感があり、そのフルーティーな味わいは、強い特徴を持つチーズとうまく釣り合う。白ワインとの組み合わせは、慎重に行わなければならない。

全ての組み合わせを発見する