ちょうどよく熟成していると、外皮は柔らかく中心部は白亜色をしている。その後オレンジ色がかった茶色になり、自然のしわと湿り気を呈する。表面がとろけることもある。 ...
ちょうどよく熟成していると、外皮は柔らかく中心部は白亜色をしている。その後オレンジ色がかった茶色になり、自然のしわと湿り気を呈する。表面がとろけることもある。 ...