チーズの品質

様々な乳牛種と伝統的な製法の維持、全ての衛生・安全基準を取り入れた近代化移行の成功は、多様性と高品質を目指したフランスの産業政策に由来する。...

乳製品の生産に従事しているフランスの300の会社は、伝承熟練技術に頼り、最も伝統的なものから最も革新的な1500もの異なる製品を生産し、消費者のあらゆる需要に応えている。安全衛生管理は完璧である。全ての手順が明瞭で、厳しい監理下にある。フランスの乳製品の輸出が盛んなことが、その証である。

フランスのチーズの長所

新鮮・上質・安全な製品

フランスで生産される牛乳と乳製品の質は非常に高いレベルに達しており、これは設備の近代性とフランスの酪農家の高いプロ意識を証明している。
農場から始まる品質と安全保証は、メーカーにも引き継がれる。牛乳と乳製品は、特別に厳格な法規の対象となる。農場主や会社の責任者は、その順守に特別な注意を払っている。 絶え間ない研究によって支えられる技術革新は、乳製品産業において重要な位置を占めている。製品または包装であれ、 フランスの乳製品関連投資で2番目に多い支出項目である。
製品の品質についてもっと知る

原産地と品質の価値づけ

新しい技術はどこでも使用されてはいるものの、フランスの生産者は、伝統的な製法を保持することに成功した。品質識別と原産地に対する標章は、本物の伝統の保護を可能にする正式な認証である。45種類のチーズ、3種類のバター、2種類のクリームが、原産地保護名称(AOP)を保有しており、これによって、消費者に原産地とその特徴が保証されている。また、1種類のクリームと6種類のチーズが、地理的表示保護(IGP)を得ている。
品質ラベルについて知る