いつでも、どこでもチーズ

フランス産チーズを発見する

チーズの製造とは人間の歴史であり、また風景の歴史でもある。テロワーが乳のアイデンティティーを決め、独自の技法がチーズの特徴を生む。地理的に多彩なフランスのように、チーズの製造技術も、各チーズによって固有のものである。

チーズの製造についてはこちら

郷土料理のベース(フォンデュ、ラクレット、グラタンなど)、付け合せの材料(おろしチーズなど)、嗜好品としてなど、チーズは様々な方法で食べることができ、日常の食卓に入り込んでいる。チーズプレートは、それだけで視覚・味覚的な喜びであり、様々な形・テクスチャ・色・風味を楽しむことができる。

チーズを楽しむ

今月のチーズ

アボンダンス

小さな臼型で、外皮はモルジュしたオレンジ色がかった茶色で湿り気を帯びていることが多い。中身は製造された季節により多少黄色っぽく濃密で、小さな丸い発酵孔が開いてお...
発見する